作成者別アーカイブ: staff

訪問看護の内容をわかりやすくPRして集患に繋げるチラシを制作しました

訪問看護のチラシ

訪問看護のチラシ

訪問看護の内容をわかりやすくPRして集患に繋げるチラシを制作しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

社会保障費の抑制・医療分野の予算削減に伴い、看護や介護は病院や施設ではなく在宅へと推進される方向にあります。
患者様にサービスを利用していただくためには、まず訪問看護というサービスがあるということを知ってもらうということが大前提となります。
そこで欠かせないのが、チラシ・ポスターといった紙のアナログなアイテムです。
紙のアイテムは、保管にも向いておりますので、長く手元に置いて、いざという時にお問合せいただける可能性もございます。

~このようなことでお悩みではありませんか?~という見出しをつけて、『退院は決まったが在宅医療に不安が・・・』『一人で食事したりお風呂に入ったり買い物に出かけたいけど・・・』等といった具体的な事例を挙げ、訪問看護の利用見込みのある方やそのご家族の関心を得るようにデザイン構成しております。
文字だけの説明ではなく可愛らしいイラストを載せてイラストだけでもおおまかな内容を理解していただけるように、わかりやすさを意識して作りました。

ご興味・ご関心を持たれた方は、ぜひ当店へお気軽にお電話・ご相談ください。

即受注に繋げる!見積書き込みタイプの塗装チラシ

即受注に繋げる!見積書き込みタイプの塗装チラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

見積書き込みタイプの塗装チラシ

今回のチラシは、表面に見積りを記入する欄を設けております。
そのため、チラシで塗装の営業案内をしながら、その場で見積もりを書き込むことが可能です。

その場ですぐに具体的な施工の説明や金額の提示ができるため、お客様に納得していただければ、即受注に結びつく確率がぐっと上がります。

営業ツールとして非常に重宝いたしますのでおすすめです。

以下、外壁塗装業者の集客チラシについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

『相見積大歓迎』を強調することで自社の自信と信頼をアピール

『相見積大歓迎』は、丸い円で囲み、イラストを加えて強調いたしました。

円と文字の配色も、誘目性の高い組み合わせとして赤色と黄色で配色しております。
誘目性の高い色というのは、人目を引く力が強く、よく目立ちます。

相見積もりというのは、他の会社や業者に契約をとられる確率が高いため、本来であれば敬遠されます。
しかし、今回は、逆に『相見積大歓迎』を強調することで、自社の自信と信頼をアピールしました。

チラシを見た人に、『ここの会社は、それだけ自信があるんだな』と感じさせるポイントとなります。

自社の強みやアピールポイントは、ストロングポイントとしてどんどん強調させましょう。

施工のbefore・after写真によって外壁塗装の価値を訴求

チラシの反響をあげるためには、ターゲットとなるお客様に外壁塗装の価値やメリットを訴求する必要がございます。

その際、非常に効果的なのが施工のbefore・after写真です。

写真には文章にはない説得力がございます。
before・afterを示すことで外壁塗装の価値を理解してもらいやすくなりますので、反応率のアップも見込めます。

さらに、写真は疑似体験をイメージさせるという性質がございます。

そのため、写真を使って『家が綺麗に生まれ変わる』といったイメージ体験を提供することで、『自分の家もこんなキレイになるかも』『私の家も外壁塗装をしたいなぁ』といった気持ちを喚起させ、塗装・リフォームに対する興味・関心を引き出す効果が狙えます。

職人の似顔絵イラストを載せて親しみとインパクトを持たせる

今回は、職人さんの写真ではなく似顔絵を使用いたしました。

7名分のイラストを大きく並べておりますので、アイキャッチとしての効果も高く、瞬時に目を引くデザインとなっております。

似顔絵のイラストは、写真よりもインパクトを出せる上、面白さという要素をプラスすることができます。
面白さというのは、チラシを手に取ってもらえる要素として重要なポイントとなります。

また、職人さんの紹介を載せることで、お客様に安心感を与えることができます。

知らない人が家に来るというのは、お客様にとって不安材料となります。
高い費用をかけて大事な家を任せるわけですから、チラシから安心感や信頼感が伝わるかどうかといった点は非常に重要です。

塗装費用削減案をお客様にアピールした外壁塗装業者のチラシ

塗装費用削減案をお客様にアピールした外壁塗装業者のチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装業者の集客チラシデザインについて

今回のチラシは、ずばりターゲットとなる『外壁塗装の費用が高くてお困りの方』への呼びかけがポイントとなる外壁塗装業者の集客チラシを作成しました。

ターゲットというのは、細かく設定すればする程訴求力が強くなります。
たとえば、『女性の方必見!』とするよりも『40代の働く女性必見!』とした方が訴求力がアップいたします。

訴求力が強ければ、その分お客様の心に響く広告となるでしょう。

以下、外壁塗装業者の集客チラシについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

ターゲットである『外壁塗装の費用が高くてお困りの方』のワードを強調

外壁塗装の工事の際、お客様が一番気になるのは、やはり修繕費用ではないでしょうか。
外壁塗装やリフォームの際にかかる費用は、工事内容によって多少の差はあるものの、決してお安い金額ではないはずです。

外壁塗装を検討している方の多くは、外壁塗装の費用が高くてお困りのはずです。
そして、チラシのターゲットは、ずばりその『外壁塗装の費用が高くてお困りの方』となります。

人は自分に関わりがないもの・メリットがないものには興味や関心を持ちません。
集客につなげるには、まずターゲットとなる人に「自分のことだ」と関心を持ってもらうことがポイントとなります。

今回のチラシは、『外壁塗装の費用が高くてお困りの方』のワードを強調させて、ターゲットへの訴求力をアップいたしました。

他社の塗装費用が高い理由は円グラフを使用してわかりやすく説明

グラフを使用することで、他社の塗装費用が高い理由が一目でわかるように工夫しました。
文字であれこれ説明するよりも、絵や図などを用いて視覚的に表現した方がわかりやすくなります。

構成としましては、『仲介業者が入ることで費用が割高になる』→『だったら仲介料の要らないこの業者に頼もう!』という流れを作るというのが狙いとなっております。

チラシは「読むもの」ではなく「見るもの」ですので、なるべく目で見ただけで何が言いたいのかが分かるデザインであることが望ましいでしょう。

人は、ややこしさや難しさを嫌う傾向にございますので、隅々まで文字を読まないと内容が理解できないチラシや、何が書いてあるのかよくわからないチラシは敬遠されてしまいます。

問い合わせのきっかけとなるクオ・カード特典を目立たせる

チラシを見る時、人の目線はアルファベットのZの形に動くといわれております。
そのため、チラシの左上というのは、紙面の中でも目立つ場所だとされています。

今回は、チラシの中でもよく目立つ左上の位置にクオ・カード特典を掲載し、クオカードの画像をアイキャッチに使用したり、誘目性の高い赤色と黄色の配色にすることで、読者の目を引く効果を持たせました。

お客様にとってメリットとなる情報や特典は、問い合わせ・見積もり問い合わせのきっかけ作りとして、どんどん活用しましょう。

見積もり依頼を検討中の方にとっては『特典があるならここに依頼してみようかな』と気持ちの後押しになる場合もあります。

クオ・カードに限らず、予算に応じてニーズの高そうな特典を用意してみるのも効果的です。

集客力がアップする外壁塗装業者のチラシを作成しました

外壁塗装業者のチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

施工料金が安くなる理由はイラストで説明して理解度アップ

施工料金が安くなる理由は、お客様や施工者、お札のイラストなどを使用してわかりやすく説明いたしました。

イラストで説明することでイメージがわきやすくなりますので、見ただけで内容を理解することができます。

わかりやすさというのは、安心感や信頼に繋がりますので、お客様にも『こういう理由なら、仲介手数料がかからない業者に注文しよう』と感じていただけると思います。

単に安さだけを訴求した内容ですと、お客様に『どうしてこんなに安くなるの?』『良くない理由があるのかも』といった不信感や不安を与えてしまいます。

安さの理由をわかりやすくきちんと丁寧に伝えることで、お客様の反響アップに繋げます。

工事完了までの流れは図を作成して分かりやすく伝える

ご契約から工事完了までの流れは、フローチャートのような流れ図を作成してわかりやすく説明しました。

お客様にとりましても、契約後の流れは気になる点といえます。
文字だけの情報よりも、図にして視覚的に流れを認識できるようにした方が理解しやすくなります。

そのため、お客様に安心してお問い合わせいただけます。

また、図を作成する際は、グラフィックの形や色、文字の書体に気を配ってデザインする必要がございます。

関連性のある情報は色・形・書体などに統一感を持たせたり、全体のテイストに合わせるなど、見やすくわかりやすい図で情報を提供することが大切です。

塗装用具をデザインに用いて『外壁塗装のチラシ』であることを訴求

チラシは、パッと見た時に『何に関する情報が載っているのか』ということを伝えることが重要です。

そのため、チラシのデザインには、外壁塗装工事中のお家のイラストや、ローラーなどの塗装用具を用いて、『外壁塗装のチラシ』であることをわかりやすく訴求いたしました。

ビジュアルで訴えることにより、チラシを見た人に『塗装屋さんのチラシ』という認識を潜在意識に働きかける効果がございます。

また、画像やイラストを効果的に取り入れることで、デザイン性も高まりますし、遊び心のあるチラシにもなります。
退屈なデザインは読み手を引き付ける効果も低いため、『面白さ』というのは大事なポイントとなります。

訪問看護ステーションの新規オープンチラシを制作しました。

訪問看護ステーションの新規オープンチラシを制作しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

訪問看護ステーションの新規オープンチラシについて

訪問看護とは、看護師さんが利用者様のご自宅に伺い、在宅療養を提供するサービスです。
このチラシを手に取り読まれる方はご高齢者様あるいはそのご家族の方であると思われますので、重要な文字はわかりやすく大きく掲載しております。
内容を絞りシンプルに、そして可愛いイラストを交えて優しく親しみのあるデザインに仕上げました。

ご興味をもたれた方は、是非お問い合わせください。

お悩み事例を掲載し共感を得る

チラシ上部に『病院よりもお家で過ごしたい』『住み慣れた家で療養したいなぁ』『病院の子どもと一緒にお家で暮らしたいなぁ』と療養者様のお悩み事例を挙げております。
お悩み事例を数点挙げることで、『まさに、今自分がこの状況にあるから問合せしてみようかな・・・』といった共感を得ることができます。
まずは、読み手に興味・関心を持っていただくことが重要です。

車やお家のイラストで在宅サービスを表現

『2017年1月初旬 新規オープン』『募集中』の文字は赤色、背景の帯に黄色を使用しました。赤色は、誘目性が高く人の目を惹きやすい色です。そして黄色は、有彩色の中で一番明るく注意を促す色とされております。
ですので、文字の大きさはそれほど大きくなくとも、しっかりと人の目を惹きつけ目立たせる事ができます。

訪問力をイメージした車のイラストやお家のイラストを使用して『在宅のサービスです』という事を表現しました。
『家にいながら療養生活を送ることができる』という訪問看護のメリットをわかりやすく伝えることで、読み手に『利用してみようかな』といった興味や関心を喚起することができます。

イラストを加えてよりわかりやすく伝える

情報量が多いチラシは読み手に迷いを与えてしまいますので、必要な事柄を絞って作成しました。
『訪問看護のご利用方法』では、文字だけを載せるのではなくイラストを交えてご高齢の方にも分かりやすいように掲載しております。
矢印は、視線を誘導する効果がございますので自然に下へと視線を送らせ、お問合せ電話番号へと導いております。

 

京橋・蒲生四丁目の整骨院・整体院は桜さくら鍼灸整骨院のWEBページを作成しました

京橋駅・蒲生四丁目駅の利用者が通いやすい桜さくら鍼灸整骨院のWEBサイトを作成しました。

京橋駅・蒲生四丁目駅を利用している方で、腰痛・骨盤矯正・交通事故の治療でお悩みの場合はぜひご利用ください。

症状にあわせた整体の説明ページ

桜さくら鍼灸整骨院のWEBサイトでは症状にあわせた整体の説明ページをご用意しております。

これらの症状でお悩みの場合は、桜さくら鍼灸整骨院の整体がオススメです。
ぜひお電話の上ご連絡してください。

京橋駅・蒲生四丁目駅の桜さくら鍼灸整骨院の情報

京橋駅・蒲生四丁目駅の桜さくら鍼灸整骨院
住所:大阪市城東区蒲生1-12-2 メゾンソフィール1階
TEL:06-6786-5111
FAX:06-6786-5112
【最寄り駅】
JR京橋駅(徒歩10分)
地下鉄鶴見緑地線 蒲生四丁目駅(徒歩8分)

訪問看護ステーションのリーフレットを作成しました

24時間対応訪問看護ステーションのリーフレットを制作しました。
アリキヌでは、リーフレットデザインから印刷まで対応させていただきました。

訪問看護ステーションの特徴が伝わるリーフレット

訪問看護は、在宅で不安を抱えておられる患者様やご家族にとって非常に頼りになる支援です。
訪問看護サービスの特徴やメリットをより多くの方々に知っていただき、ケアや自立に役立てていただきましょう。

リーフレットは、表面・裏面・中面とあり多くの情報を整理して載せることが可能です。
その上、サイズはA4三つ折りで持ち運びに便利です。
発信側にも受信側にも多くのメリットがあるリーフレットは、優秀な広告媒体として人気が定着しています。

ご興味をもたれた方は、是非当店にお問い合わせください。

24時間365日見守られ安心感が伝わるデザイン

24時間・365日、土・日・祝、緊急時・時間外も対応してくださるので、『常に安心して看てもらえる』ことが伝わるように療養されている方や医師・看護師のイラストを加えました。
優しい雰囲気と見やすくやわらかいレイアウトで、療養されている方やそのご家族に安心感が伝わるデザインに仕上げました。
安心感が伝わることで前向きにお考えいただくきっかけに繋がります。

【訪問看護ご利用方法】でも堅いイメージにならないようにイラストを交えて親しみやすく且つ視認性を上げております。

一番伝えたい事柄は部分的に強調し注意を惹く

こちらの訪問看護ステーション様は、”メディカルアロマセラピー”を取り入れた心身に渡る総合的ケアや、”小児訪問看護”を実施されています。
そのため中面の見開きを利用し、メディカルアロマセラピーや小児訪問看護のカテゴリを展開いたしました。

現在では訪問看護ステーションも数多くありますので、“強み”や“ウリ”他とは違う点をアピールして視覚的にアプローチすることが重要になります。
そして、そのプラスワンのサービスが決め手になる事がございます。
知って欲しいことを的確に伝えるには、文章の力は何よりも強いものです。
ですが、文章量が多いと〔読みにくい〕というデメリットもございます。
そのため、字間(文字と文字の間の幅)と行間(文章の行と行との間)に適度なスペースを保ち、見やすさ・読みやすさにも配慮いたしました。
また、“メディカルアロマセラピー”や“小児訪問看護”の文字にオレンジや緑の色を付けて部分的に強調し、文字の背景に同色の帯を入れグラデーションを施して目立たせることで、視認性をアップさせています。

イメージイラストを付けて分かりやすさアップ

【サービスの内容】では、イラストを見ただけでも内容が伝わるように工夫しました。
『血圧・障害の観察』や『薬服管理』などのサービス内容は、文字だけで説明するだけでなくイラストを加えることで一気にイメージが膨らみます。
おそらくお年寄りや療養されている方のご家族の方に読んでいただく事が多いと思われますので、詳しく読まなくても内容が伝わるデザインであると、より多くの方に手に取ってもらいやすくなります。
読みやすさ・わかりやすさはデザイン制作の上で最も重要です。
今回の可愛い絵柄のイラストは、優しい雰囲気や安心感を訴求したデザインにピッタリ合っています。
イラストを使用するときは、全体のデザインにマッチする絵柄を選ぶということも重要です。

精神科・心療内科専門訪問看護ステーションのパンフレットデザイン

精神科・心療内科専門訪問看護ステーションのパンフレットを作成しました。
アリキヌでは、パンフレット作成から印刷まで対応させていただきました。

精神科・心療内科専門訪問看護ステーションのパンフレットについて

精神科・心療内科専門訪問看護に関して『よく耳にする訪問看護とどう違うの?』『どんな時に利用するの?』と疑問に思われる方は少なくないでしょう。

せっかくのサポートも周知されていないと、利用していただけません。

今回のパンフレットは、訪問看護ステーションの特徴をお伝えし、安心してご相談いただけるようにデザインを考え作成しました。

パンフレット作成をお考えの方、ご関心を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

以下、精神科・心療内科専門訪問看護ステーションのパンフレットについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

キャッチコピーのもつ言葉の力で注意を惹く

パンフレットを見た時にインパクトを与えるものの1つに、キャッチコピーがあります。このキャッチコピーと呼ばれる、言葉の持つ力も読み手側に深く印象付ける効果があります。
今回は表紙に『こころの悲痛 相談しませんか?』というキャッチコピーと開いた扉を掲載し、開いた扉の先に新しい世界があるというメッセ―ジを込めたデザインに仕上げました。
こうして、視覚・感覚の両面からお悩みをもつご本人やご家族の方にダイレクトに届くような仕上がりになっております。
 
そして、裏表紙には安心してご相談いただけるように、どのような時に利用すれば良いかを『こんな悩みに対応します』といくつか具体例を挙げチェックボックスにして掲載しております。
具体例を挙げることでわかりやすくなり、悩みを抱えている方、そのご家族の方にもパンフレットの内容に興味・関心を持ってもらえるようにデザインしております。

目立たせたい語句は色を変えて視認性アップ

文字情報が多いと『読みづらい』といった印象を受ける方が多いのではないでしょうか?

ですが、文字が多い場合、適度な行間・字間をあけて文章を目で追いやすくすることで、読みにくさを防ぐことが出来るうえ、パッと見た印象が全然違ってきます。
そして、『独立型』『経験のあるスタッフ』『24時間連絡体制』など、特に読み手に伝えたい語句は、書体と色をピンク色に変えて読み手の目を惹き注目させるようにしております。
そうすることで、読み手はこのピンク色の文字を見ただけで、だいたいの内容を掴むことができます。
このようにして見た目に変化を持たせることで、訴求力がグッとアップします。
また、イメージ写真を用いることによっても『読みづらさ』を軽減させる工夫をしております。

ご利用方法などの説明は統一感を持たせてわかりやすく

介護保険の認定を受けている・受けていない,医療保険の場合など、文章で説明すると長々として分かりにくくなってしまいます。
そういった事を防ぐため、今回ご利用方法は、フローチャートを使ってわかりやすく説明しています。
各項目の色・形には統一感を持たせているので、すっきりとして見やすい仕上がりになっております。

外壁塗装・吹付塗装業者の集客チラシを作成しました

外壁塗装・吹付塗装業者の集客チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装・吹付塗装業者の集客チラシデザインについて

チラシに特典やオファーを設ける場合は、クーポンやチケットをつけると良いでしょう。

そして、チケットを回収する際には、どの地域でどれだけの枚数回収できたか、どれだけの反響があったかなどを記録して、次回の宣伝活動に役立てることが大切です。

また、今回のようにお客様情報を書き込める欄を設けておけば、お客様の情報も得ることができます。

チケットやクーポンなどの特典をご検討中の方は、ぜひ当店にご相談ください。

以下、外壁塗装・吹付塗装業者の集客チラシについて、デザインのポイントをお伝えいたしますのでご参考ください。

『アパート改修工事対応』のPRポイントは吹き出しをつけて目立たせる

『アパート改修工事など何でも承っております!!』といった塗装業者さんのアピールポイントは、吹き出しの飾りパーツをつけて目立たせました。

その際、吹き出しと文字を少し斜めにレイアウトすることで、より注目度が上がります。

吹き出しなどのグラフィックはデザインのアクセントとなり、読者の目を引きつける効果がございます。
そのため、広告主がアピールしたい情報や、訴求したい箇所に用いると非常に効果的です。

ただ、多用し過ぎてしまうと、どこがアピールしたい箇所なのかがぼやけてしまいますので、使用箇所を絞って用いることがポイントとなります。

塗装用具を使った遊び心のあるビジュアルデザインで読者の目を引く

チラシのメインビジュアルは、外壁を塗装しているのローラーの向うに家の写真がのぞく、遊び心のあるデザインに仕上げました。

数あるチラシに埋もれないためには、『あ、おもしろいな』と思っていただけるような目を引くデザインであることも重要なポイントです。

また、今回は塗装のチラシですので、デザインに用いた写真やイラスト・アイテムなども塗装に関連する画像となっております。

それにより、読者はチラシの内容を細部までしっかり読まなくても『家に関する塗装やリフォームのチラシなんだな』ということを見て捉えることができます。

広告の内容に関係するビジュアルを多く取り入れることで、見た目の見た目の楽しさだけでなく、『何に関するチラシ』かという情報を読者にわかりやすく訴求することが出来るというわけです。

反響アップに繋がる紹介特典は誘目性の強い赤色+黄色でデザイン

今回の塗装業者さんは、ご紹介キャンペーンとして、3万円プレゼントの特典が設けられています。
キャンペーンチケットは、誘目性の強い赤色と黄色の配色でデザインして目立たせました。

お客様にとって魅力的な特典やメリットをベネフィットというのですが、ベネフィットはチラシの反響アップに関わります。

こちらの塗装業者さんで工事を申し込んだ方の中には、キャンペーン特典に魅力を感じて、周りの知人や友人などに『壁の塗り替えやリフォームを考えてない?』と声をかけてくださる方もいらっしゃるかもしれません。

声をかけていただくだけでも、立派な宣伝効果を得ることができます。
その結果、お客様の間口が広がり、受注に結び付く可能性が高まります。

即見積りで受注に繋げる塗装屋さんの手配りチラシ

即見積りで受注に繋げる塗装屋さんの手配りチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装会社の集客チラシデザインについて

今回作成したのは、塗装屋さんが訪問営業する際に使用する手配り用のチラシです。

このチラシの特徴は、屋根や外壁などの見積りを記入する欄があることです。
記入欄があるので、訪問先で即詳しい見積りを取って書き込むことができます。

その場で工事・施工や金額に関する具体的な説明ができるため、お客様に納得していただければ、即受注に結びつく可能性が高まります。

営業ツールとして非常に重宝いたしますので、書き込みができるタイプのチラシもおすすめです。

以下、外壁塗装会社の集客チラシについて、デザインのポイントをお伝えいたしますのでご参考ください。

『仲介業者』等の訴求したいキーワードは文字の色を変えて強調

『外壁塗装』『費用が高い』『仲介業者が介在』『仲介業者を通さない』といった読者に訴求したいキーワードは文字の大きさと色をオレンジ色に変えて強調しました。

文字に変化を持たせることで、こちら側が訴求したいワードを読み手に強く訴えることができますし、読み手側はこのオレンジ色の箇所を読むだけで、だいたいの内容を掴むことができます。

チラシは内容を端的・簡潔にわかりやすく伝えることがポイントですので、見た目にメリハリをつけることは非常に重要となります。

また、文字を強調させたい時は、書体を変える・大きさを変える・色を変える・装飾をつける・背景色をつけるなど、様々なパターンがございます。

広告したい内容や全体のデザインバランスを見て、適切なパターンでデザインしていくことがポイントです。

背景には壁の画像を用いて塗装のチラシであることをアピール

今回は、家の壁をイメージした画像を背景一面に使用してチラシを作成しました。

塗装に関連性のある写真や画像を使用することで、『外壁塗装・リフォームに関するチラシですよ』ということを読者の潜在意識下にアピールすることができます。

当店では、塗装関連業者様のチラシを作成する際、家のイラストや写真はもちろん、塗装ブラシや塗装ローラー、ペンキ、壁紙テクスチャなどをデザインにふんだんに取り入れてデザインを作り上げております。

細部にこだわってデザインすることで、全体的に深みが増し、見栄えの良いチラシになるのです。

もちろん、お客様が撮影された現場写真や、過去に手掛けた施工写真なども掲載いたしますので、ぜひお申し付けください。

矢印を使用することでお客様の目線を見積欄へ誘導する

チラシを作成する時は、読者の目線を動きを考えて文字や写真をレイアウトすることが大切です。

なぜなら、載せたい情報をただやみくもに並べただけでは、まとまりがない上にどこになにが書いてあるのかが伝わりにくいからです。

チラシやポスターを見る時、人の目線はアルファベットのZの形に動くと言われています。

そのため、その法則に沿って要素に大小のメリハリをつけたり、スペースを設けたりして、内容を読みやすく整理していくのですが、視線誘導に効果的なのが矢印マークです。

矢印があると、なんとなくその先を目で追ってしまいますよね。

今回のチラシで一番のポイントとなるのは、お見積欄です。

『最安 あなたのお家の外壁塗装費は?』の背景に下向き矢印の画像を置き、読者の目線を見積欄に誘導することで、スムーズな見積のやり取りを促しております。