作成者別アーカイブ: staff01

ケアステーションの訪問介護リーフレット

ケアステーションの訪問介護リーフレットを作成しました。
アリキヌでは、リーフレット作成から印刷まで対応させていただきました。

ケアステーションの訪問介護リーフレットについて

今回のリーフレットは、表紙に四つ葉のクローバーをメインに扱った上品な仕上がりとなっております。
パンフレットを手に取り最後まで読んでいただく為、必要な内容を簡潔にまとめてすっきりした印象に仕上げております。

リーフレット作成をお考えの方、ご関心を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

以下、ケアステーションの訪問介護リーフレットについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

リーフレットとチラシの違い

リーフレットは一般的なものは、A4三つ折りサイズです。
リーフレットはチラシと違って、表紙・裏表紙・中面とスペースがあるので、見た目のコンパクトさに反して多くの情報を整理して載せることが出来ます。
この点がリーフレットの利点とも言えるでしょう。ミニパンフレットとしてや持ち運びに便利! A4三つ折りサイズのリーフレットであれば、長3封筒にもすっぽり入るのでDMとしても使う事が可能でございます。

今回は、訪問介護のリーフレットですので、長々説明文を載せるのではなく、見る人に必要な情報を端的に掲載して伝わりやすいデザインに仕上げました。
サービス内容は、写真を多用し見る人の注意を惹き、端的に説明文を載せております。

写真の縁をぼかして柔らかい印象を演出

写真のトリミング(切り取り)は写真の良さを引き出す大切な作業と言えます。
例えば、アップにすることで写真の魅力を引き出すことができる他、写真のトリミングの仕方で、何を伝えたい写真なのかが明確になり、ぐっと説得力やイメージが伝わるようになります。

中面上部に掲載した写真は、朗らかな明るい笑顔のご夫婦が寄り添い合い空を見上げている様子の一枚です。
四角くトリミングした写真の縁にぼかしを入れる事で柔らかい印象になり、見る人に穏やかな優しい印象を与えられます。
パンフレットを手に取った方が『問い合わせてみよう』『こちらでお願いしよう』という前向きな気持ちになるようなデザインに仕上げております。

女性の写真を用いてお問合せ先に視線を誘導

風景写真などに比べて人物写真は、人の目を惹きやすいと言われています。
見る人の注意を惹きたい時に非常に有効ですので、爽やかな印象の女性スタッフの写真をアイキャッチとして使用し、お問合せ電話番号まで視線をスムーズに誘導するデザインで構成しております。
女性スタッフの左手が矢印⇒の役割を担い、お問合せ電話番号に自然と目が向きます。
背景に桃色の帯(ライン)を入れる事で一番の強調点を目立たせる効果が生まれ、中面全体を引き締める役割も果たしております。

集客率を上げる外壁塗装会社の折込チラシ

集客率を上げる外壁塗装会社の折込チラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装会社のチラシデザインについて

今回のチラシは、施工者の写真を大きく扱ったインパクトのある仕上がりとなっております。
人の顔というのは、注目を集めやすいといった要素が強いため、読み手の注意や注目を引きたい時に非常に有効です。

塗装や建築や土木関係のお仕事ですと、あまりご自身の顔を出すという機会がないかもしれませんが、顔を大きく出してご自身の会社や事業をアピールするというのもチラシの反響をあげるポイントとなります。

ご興味を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

以下、外壁塗装会社のチラシについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

施工者の顔を出してお客様の安心感を得る

チラシには、施工者の顔写真を大きくレイアウトし、強いインパクトのあるデザインに仕上げました。

外壁塗装の工事は、お客様のご自宅や、お客様が所有する建物などにお伺いして作業を行います。
そのため、お客様の中には、『どんな人が来るんだろう』『きちんと作業をしてくれる人かな』と作業員に対して不安を持たれている方も多いでしょう。

逆を言えば、相手の顔がわかるということはお客様にとって大きな安心や信頼に繋がります。

顔を出すことに抵抗を持たれる方も多いかと思いますが、『顔が出せるのは、それだけ自信があるんだろな』という印象も持っていただけます。

重要なアピールポイントとなりますので、ぜひ笑顔の写真をご用意ください。

施工費用例はイラストを用いた図にしてわかりやすく説明

他社施工例の一例は、イラストを用いた図にしてわかりやすく説明しております。

『仲介業者A(40万円)』と文字だけで説明されても、今イチピンときませんが、イラストが入ることでよりイメージがわきやすくなり、見ただけでだいたいの内容を理解することができます。

イラストを手で隠していただくと、違いを実感していただけるでしょう。

また、視覚を通じて直接脳へお得さを訴求するため、お札のイラストを加えました。
視覚的情報は脳へダイレクトに伝わります。
具体的な数字とイラストで提示することで、よりお得感を感じていただけるデザインとなっております。

特典は大きくアピールして問合せのきっかけを作る

チラシの反響をあげるために、ベネフィットを用意するのもひとつの方法です。
ここでいうベネフィットというのは、お客様にとってのメリットや魅力を感じる特典のことをさします。

たとえば、『ご来店○○名様にプレゼント贈呈』や『ハガキをご持参の方△△%割引』などがそれにあたります。
広告の内容に興味や関心を持った人が“ちょっと行ってみようかな”という気持ちになりますよね。

今回は、500円分のクオカードプレゼントがベネフィットとなります。
ベネフィットはお問い合わせを頂くきっかけとなり得ますので、クオカードプレゼントの特典は紙面の左上に大きく配置して目立つようにアピールしました。

せっかくの特典も読み手の目につかないと意味がございません。
メリットや特典を感じる情報は、読み手の目にとまるように目立たせてデザインすることがポイントです。

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット


ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットについて

基本的にチラシデザインにおいて『見やすくわかりやすい』というのが前提になります。
明るく優しい色使い、綺麗な施設内の写真・イラストが掲載された効果的なレイアウトとなっております。
『見やすくわかりやすい』チラシはターゲットにしっかりと情報を伝えることができます。

『ここなら安心して任せられる』と思っていただけるような信頼してもらえるリーフレットを作りたい!といったご要望やご質問がございましたらアリキヌまでお気軽にご相談ください。

以下、ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

明るい未来や希望を感じさせてくれる表紙デザイン

リーフレットの顔、ともいえる表紙。表紙を見て手に取ってみたくなるように思わせるには、表紙のデザインにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

今回は、ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットですので、よつ葉のクローバーをメインに全体的に緑を基調とした安らぎや癒しといったイメージのデザインに仕上げております。
よつ葉のクローバーに差し込む光の煌めきが明るい未来や希望を感じさせてくれます。
光の当たり方によって表情を変える演出をし、上品さを表現しております。

写真を用いて視線を誘導する

アイキャッチという言葉を耳にしたことがありますでしょうか?
アイキャッチとは、広告業界において、見ている者の目を引いたり奪ったりすること、またはそういったモチーフやコピーのことを意味する語。です。

サービス内容に視線を送るためにアイキャッチとして、写真を用いております。
サービス内容に適した写真を掲載することで、読み手の目にとまり注意を惹くことができます。
加えて、写真を正丸でトリミングすることで印象を和らげております。

そして、長い文章ですとゴチャゴチャしたレイアウトになってしまい上手く内容が伝わらず、読み手から読む気を奪ってしまいます。
ですので、サービス内容を簡潔にまとめて、読み手に見やすくわかりやすいレイアウトに仕上げております。
よりサービス内容やリーフレットから伝えたい内容を明確化する為にも人物写真を使ったチラシデザインというのが欠かせません。

住宅型有料老人ホームの入居者募集キャンペーンチラシ

住宅型有料老人ホームの入居者募集キャンペーンチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

住宅型有料老人ホームの入居者募集キャンペーンチラシについて

基本的にチラシデザインにおいて『見やすくわかりやすい』というのが前提になります。
明るく優しい色使い、綺麗な施設内の写真・イラストが掲載された効果的なレイアウトとなっております。
『見やすくわかりやすい』チラシはターゲットにしっかりと情報を伝えることができます。

『ここなら安心して任せられる』と思っていただけるような信頼してもらえるチラシを作りたい!といったご要望やご質問がございましたらアリキヌまでお気軽にご相談ください。

以下、住宅型有料老人ホームの入居者募集キャンペーンチラシについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

情報が一目でわかる入居促進チラシ

多くの情報が単調に載っているチラシだと重要な部分が読み手にわかりづらくなってしまいます。
まず、今回は『開設2周年キャンペーン』の入居促進チラシのため、チラシの上部に伝えたい事をまとめて掲載しました。
一目で『入居者募集!!』という事がわかるように、一番文字を大きく配置する事で瞬時に読み手に伝えることができる上、アイキャッチ効果が得られます。さらに読み手の注意を引きやすくするため文字に囲みをつけて目立たせています。
背景の写真に重ねた『開設2周年キャンペーン』『入居保証金』『0円!!』の文字を白フチ加工することで紙面に埋もれることなく文字を強調・文字のフォントを揃えることでゴチャゴチャしたチラシにならないように配慮しております。
写真やイラスト、文字のサイズにメリハリをつける事で、読み手に伝わりやすくまた、文字を丸や四角で囲むことによってロゴ的な存在になり全体的にまとまりのあるすっきりとしたデザインに仕上げております。

情報量が多いチラシは文章や写真・図の端を揃えて読みやすく

読み手にしっかりと内容が伝わるチラシでないと意味がありません。
読み手に情報をしっかり伝える為のさまざまな工夫があります。その1つに『揃える』があります。
情報量が多いチラシの文字や写真・図の端、揃えられるところは全て揃える事で、すっきりとしたまとまりのある印象を与えられます。
そのようにすることで、読み手が違和感なく紙面の上部から下部まで読み進められるように仕上げております。

そして、住宅型有料老人ホームですので、ターゲットは高齢者の方やそのご家族です。
わかりにくい長い説明は避け、イラストを見ただけで『万全のサポート体制』の仕組みがわかるように配慮しております。
一目で各医療機関と連携が取れる事をわかっていただけると思います。

メンテナンスの必要性を感じさせる塗装・左官業者のチラシ

塗装・左官業者さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

塗装・左官業者さんの集客チラシデザインについて

家のメンテナンスに関しては、『○年で改修工事をしなければならない』といった決まりはありません。
さらに、修繕やリフォームは工事費も高いため、「多少老朽化しても住めればいい」「家は建てたら終わりだ」と思われる方も多いでしょう。

今回作成したチラシは、『壁にヒビが入っている』『10年以上経過している』など、メンテナンスの目安を具体的にわかりやすく伝えることで、ターゲットの関心や共感を得ることがポイントとなっております。

お客様にメンテナンスの必要性を感じてもうことで、外壁塗装・修繕・リフォームに関するお問い合わせをいただきましょう。

以下、塗装・左官業者さんの集客チラシについて、デザインのポイントをご紹介いたします。

『外壁にヒビ』などの塗装の目安はイラストを付けて訴求力アップ

チラシには、『外壁にヒビが入っている』『外壁の色を変えたい』『10年以上経っている』など、外壁塗装が必要な方の具体的な事例を紹介しています。

具体的な事例を載せることで、『こうなったらメンテナンスが必要なのか』といった理解や『まさに自分の家がこの状況にあるから問い合わせしてみようかな』といった共感を得ることが出来きますので、反響が出やすくなります。

さらに、具体例に合ったイラストがあると、読み手の理解と共感をより深めることができます。
これは、イラストといった視覚情報が加わることで、よりイメージがしやすくなるためです。

また、使用するイラストの絵柄によって全体のイメージがガラっと変わってしまうことがございますので、イラストを使用する際は、全体のデザインにマッチしたテイストの絵柄を選ぶことがポイントとなります。

タイトル部分はゴシック体の太字を大きくレイアウトしてインパクトを出す

タイトル部分となる『外壁で気になる所はありませんか?』の文字は、ゴシック体の太字を大きくレイアウトしてインパクトを出しました。
読み手の目を引き付けると共に、外壁塗装に関するチラシであるということが一目でわかります。

チラシは、パッと見た時に『何に関する情報が載っているのか』ということをわかりやすく訴求することが大事です。
そうでなければ、言いたいことも伝わらず、すぐゴミ箱行きになってしまいます。

特に『外壁』『気になる所』といった特に訴求したいキーワードは、文字の大きさと色を赤色に変えてさらに目立たせました。
文字に大小・色のメリハリをつけることで訴求したい情報をより強く伝えることができます。

これは写真やイラストでも同じことが言えます。
同じ大きさの画像を単調に並べるよりも、大小のメリハリをつけたり、少し斜めにして動きをつけると訴求力がアップします。

塗装作業の一連の流れはイラスト化してわかりやすく表現する

家の修繕やメンテンナンスというのは、そう頻繁に必要になるものではございません。
そのため、『外壁塗装って実際どうやって作業が進むんだろう』と疑問に思われる方も多いでしょう。

お客様が不安・疑問に思だろうなと予想がつく点は、予め解消しておいた方がチラシの反響もあがりやすくなります。

そのため、塗装作業の内容を簡単に紹介し、一連の流れはイラスト化してわかりやすく表現しました。
文字だけで説明するよりも、イラストなど視覚情報を用いた方が具体的なイメージがわきやすくなります。

『ウチは写真があるので、それを使って欲しい』といったご依頼も承りますので、お気軽にお問合せください。

見積特典をPRした塗装業者さんのチラシ

塗装業者さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

塗装業者さんのチラシデザインについて

チラシの反響をあげるためには、ベネフィットをアピールするというのも大事なポイントです。

ここでいうベネフィットというのは、お客様にとってのメリットや利益などを指します。
わかりやすい例を挙げると、【先着〇名様△△円引き】【ご来店特典で○○プレゼント】などがそれにあたります。

今回の場合は、お見積り依頼をいただいたお客様へクオカードのプレゼントとなります。

そして、チラシでベネフィットをアピールする時は、すぐ目につく場所に目立つよう載せることがポイントとなります。

また、ベネフィットを考える時は、広告主側が主体となっていないか注意が必要です。
なぜなら、ベネフィットというのは『ターゲットとなるお客様が価値を感じていただけるかどうか』という視点が最重要であるからです。

『こういうベネフィットを載せてチラシを作りたい』『お客様にとってこれはベネフィットになるのか』といったご要望やご質問がございましたらお気軽にご相談ください。

以下、塗装業者さんのチラシについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

特典やメリットは左上の目立つ位置に大きくレイアウト

【お見積り依頼をいただいたお客様へ500円分のクオカードのプレゼント】といった特典は、紙面左上の目立つ位置に大きくレイアウトしました。

チラシやポスターなどを見る時、人の目線はアルファベットのZのように左上→右→左下→右へと動く習性がございます。

せっかく特典を用意しても、チラシの下の方に小さく載せても意味がないですよね。
そのため、お客様に強く訴求したい情報は、左上やド真中といった目立つ位置に大きくレイアウトすることがポイントです。

そして、赤色と黄色組み合わせも、人目を引きつける誘目性の高い配色です。
標識やスーパーやショップのプライスカードにもよく用いられます。

また、今回のように実際のプレゼントや特典の写真やイラストをプラスしてあげると、より訴求力がアップいたします。
『この写真を載せて欲しい!』といったご要望がございましたら、ぜひデータをお送りくださいね。

塗装費用の内訳はイラストを用いた図式を利用してわかりやすく表現

塗装費用の内訳データは、イラストを用いた図式図式を利用してわかりやすく表現しました。

文字だけではわかりにくい情報も、イラストや図といった視覚情報を用いるだけでグッとわかりやすくすることが出来ます。

塗装やリフォームというのは、それなりに大きな金額の費用が必要になります。
大半の人は、塗装費用はなるべく安く済ませたいと思っておられるでしょうから、【塗装費用を安く済ませることができますよ】というアピールはどんどんしていきたいところです。

しかし、きちんとした説明が無く、単に安さだけを謳った広告は逆に不信感を与えます。

大事な家を任せるわけですから、信頼・安心・信用を得られるかどうかといった点は非常に重要です。

なぜ安く済ませることが出来るのか、どういった利点があるのかを納得させることが出来る内容でないといけません。

文字だけの説明にならない様に、イラストや図などを使用して分かりやすくデザインすることもチラシ作成の大事なポイントです。

質問定義から解決法提示の流れを矢印でスムーズに誘導

『外壁塗装は費用が高い?』の質問定義から『いいえ、安くする方法があります!!』の解決法提示までの流れは、矢印マークを使って読み手の視線をスムーズに誘導しました。

チラシに興味を持っていただくためには、読み手の共感や関心を掴むことが必要不可欠です。

今回のように『外壁塗装は費用が高い?』といった質問を投げかけるというやり方は、相手の興味や関心を引くために非常に有効な手段といえます。

そして、読み手をチラシの内容にグッと引き込むために、質問定義から解決法提示の流れを矢印マークを使ってスムーズに誘導しました。

矢印というのは、読み手の視線を誘導するのに非常に効果的です。
チラシに限らず、駅や街中でも矢印があるとなんとなくその先を追ってしまうという方も少なくないでしょう。

また、注目させたい箇所に、『注目!!ココ↓』といった具合に矢印マークを使用するのも良いでしょう。
デザインのアクセントにもなりますので、ここぞという箇所に効果的に用いるのがポイントです。

集客でお悩みの外壁塗装屋さんのチラシ

外壁塗装屋さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

チラシ集客でお困りの外壁塗装屋さんの方へ

外壁塗装の劣化状況の写真を載せて具体的に伝える事でお客様の『気付き』に繋がり、そして『外壁塗装の相談』『お見積り』といったその先の行動につながるようスムーズな視線で読み進められるように配慮して作成しております。
『自分で作った』『他社でチラシを作成してもらったが集客に繋がらない・・・』などチラシ集客でお困りの外壁塗装屋さん、ご興味を持たれた方はぜひ一度ご連絡ください。

以下、外壁塗装屋さんの集客チラシについて、デザインのポイントをご紹介いたします。

ターゲットを絞ってポイントをおさえることでチラシの効果を高める

今回は、『築10年以上経過しているお家』をお持ちの方をターゲットとしております。
まずは、『相談してみよう』という前向きな気持ち・関心を持っていただく事が大切です。

横書きで文章が構成されるチラシの場合、読み手の自然な視線の動きは『左から右』です。
ですので、左上に『大丈夫?』『築10年以上経過しているお家はここをチェック!!』と読み手に問いかけることで注意を引き、さらに『こんな症状が出たら要注意!!』と具体的な症状の写真を併せて掲載することで、外壁の症状をよりはっきりと認識していただけますし、より明確に読み手に伝えることが出来ます。
そして、自宅外壁の状態を『確認しよう』という行動に移してもらえるきっかけになり、外壁塗装を依頼しようと考えていた方、まだお考えがなかった方にも、関心を持っていただく事に繋がります。
ただ、ターゲットを絞るだけでなく読み手の興味を引くことが最も重要なポイントです。

人の目を引くインパクトのある色使い・デザイン

チラシを手に取り、じっくり見てもらう為に紙面の中央に『外壁塗装』と一番大きな文字で配置しました。
こうすることで、『塗装屋さん』のチラシであることが一目で分かってもらえると思います。
そして、文字情報ばかりですと最後まで読むこと自体、億劫になりがちです。
その為、読み手に伝えたい内容には、他のどの色よりも強い刺激があり人の目を引く赤色、注意をうながす黄色を使用し目立たせました。
そして、吹き出しをつけてイラストを交えることで視認性を高め、文字の大きさもメリハリをつけて訴求力アップに繋げております。

塗装費用削減をPRした外壁塗装屋さんのチラシ

外壁塗装屋さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装屋さんのチラシデザインについて

外壁塗装やリフォームというのは、お客様にとって安いお買い物ではございません。
そのため、適正価格で安心して任せることができるということが業者選びで大切なポイントとなります。

今回は、お客様の関心が高い外壁塗装費用についてポイントを絞った集客チラシを作成しました。
塗装費用の内訳は、グラフを用いることで、一般の方にもわかりやすく説明しております。

以下、外壁塗装屋さんの集客チラシについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

タイトルを斜めにして動きをつけることで読み手の注意を引く

折込チラシやポスティングチラシなど、ユーザーが能動的に収集しないチラシというのは、基本的に大半がすぐゴミ箱いきになってしまいます。
そうならないためには、何かしら読み手の注意・注目を引き付ける工夫が必要となります。

そこで、『外壁塗装費用削減のすすめ』のチラシタイトルは、読み手の注意を引くために、少し斜めにして動きをつけました。
動きを感じるデザインというのは、人の注意・注目を集めやすい傾向があるからです。

また、今回のように、タイトルにイラストや画像が重なる場合は、タイトルの背景を塗りつぶすと視認性と可読性がアップします。
そして、塗りつぶしの透明度を下げることで背景の画像を薄く見せることができますので、デザイン性も高まります。

透過の効果を使用するかしないかは、全体のバランスを見て決めると良いでしょう。

塗装費用の内訳データをわかりやすく訴求する為円グラフを使用

塗装費用の内訳データは、目で見てわかりやすいように円グラフを用いてアピールしました。
グラフを使用することで、塗装費用の内訳が一目でわかります。

チラシは「読むもの」ではなく「見るもの」です。
そのため、なるべく見ただけで何が言いたいのかが分かるデザインであることがポイントとなります。

相対的な割合をわかりやすくグラフ化する場合は、円グラフが効果的ですし、グラフの見栄えも見やすさやわかりやすさに大きく影響します。

グラフの境界が曖昧・装飾がありすぎてデータが読み取りにくいといったことがないように注意が必要です。
配色や文字のレイアウトなど、紙面のテイストに合わせてバランスよくデザインすると良いでしょう。

裏面の塗装に関する詳細は手描き風フォントに変えて印象を強める

裏面には、『一級塗装技能士ってなに?』『外壁塗装って必要?』といったカテゴリを設けて、一級塗装技能士や外壁塗装についての重要性・必要性を訴求しております。

その際、見出しや本文は、書体を手書き風のフォンに変えて印象を強めました。

文字を目立たせるためには、大きさ・太さ・色を変えたり、装飾を加えるなどの方法がございますが、フォントを意図的に変えるといった手法も非常ン効果的です。

人は変化を感じる部分につい目がいってしまいます。
たとえば、丸がずっと並んでいるところに一つだけ三角が入っていたら、その三角に目がいってしまうのです。

これと同じように、ゴシック体や明朝体といった見なれば文字の中に、手書きフォントを入れることで変化し、こちらが訴求したい箇所に読み手の視線を誘導することができます。

外壁塗装屋さんの集客チラシ

外壁塗装屋さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装屋さんの集客チラシデザインについて

塗装屋さんのチラシで反響を得るためのデザインを作成するには、その塗装屋さんのストロングポイントや考え方をデザインに反映していく作業が必要不可欠です。

今回は、お客様目線に立った塗装屋さんであるという点をアピールし、チラシを作成いたしました。
実際の施工写真もございますので、お客様も塗装の仕上がりをイメージしやすい仕上がりとなっております。

以下、外壁塗装屋さんの集客チラシについて、デザインのポイントをご紹介いたします。

売りとなるカラーシュミレート例はオレンジの枠で囲んで目立たせる

塗装屋さんの売りでもあるカラーシュミレート例は、オレンジの枠で囲んでグッと目立たせました。
また、before・afterの間に矢印をプラスすることで、before写真からafter写真への視線をスムーズに誘導することも出来ます。

塗装する際、お客様は好きな色や素材を選ぶことは出来ますが、実際どんな風に仕上がるかをイメージするのは素人には難しいですよね。
お客様が一番心配や不安になる点だともいえるでしょう。

そのため、塗装したらどうなるかということをわかりやすく見せることができるカラーシュミレートは、今回ご紹介する塗装屋さんの大きな売りとなります。

チラシや広告の反響をあげるためには、こうしたお客様の関心事や心配事を解決できる提案やメリットをわかりやすく提示してあげるということも大切な要素となります。

住まいのお悩み事例はイラストを加えてお客様の理解と共感をより深める

チラシには、『塗り替えが必要かわからない』『信頼できる業者か心配』『色選びで失敗したくない』といった多くのお客様が抱えているであろう住まいのお悩み事例を数点掲載しました。

具体的な事例を載せることで、『まさに自分がこの状況にあるから問い合わせしてみようかな』といった共感を得ることが出来きます。

そして、その際に、困った表情のイメージイラストを加えることで、共感をより深めることができます。
イラストという視覚情報が加わることで、よりイメージがしやすくなるためです。

また、イラストも可愛い絵柄ですので、親しみや優しさを訴求したいデザインにもピッタリ合っています。

親しみや優しさを訴求したいデザインの時に、ビジネスライクなお堅いイラストを選んでしまうと訴求したいイメージとはズレてしまいます。
そのため、イラストを使用するときは、全体のデザインにマッチする絵柄を選ぶということも重要です。

金額提示は数字と単位の大きさに差をつけてメリハリを出す

金額提示は、数字と単位の大きさに差をつけてメリハリを出しました。

集客チラシやキャンペーンを打ったチラシなどでは、『○○○○円!』『○○名様限定!』『○月○日まで!』など、数字を強調させたい箇所が多くあるかと思います。

数字というのは、説得力を持たせるための重要な要素です。
そのため、数字の見せ方を工夫して特別感やメリットを強調させると効果的です。

具体的な方法としましては、『円』『名』『日』といった数字の単位を小さく表示することです。
数字に対して、単位をひと回り、もしくはひと回り以上小さくすることで、数字がぐっと際立ちます。

また、お得さを訴求したい時は、赤色や黄色など暖色系のよく目立つ色を使用すると良いでしょう。
枠をつけたり、影をつけたりすると、より一層効果的です。

住宅型有料老人ホームのリーフレット

住宅型有料老人ホームのリーフレットを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

住宅型有料老人ホームのリーフレットのデザインについて

住宅型有料老人ホームのリーフレットを作成したい場合は、明るく温かみのある色調がおすすめです。
今回は、緑色をベースにオレンジやピンクでまとめています。
そして、しっかりと施設の情報を伝えてイメージしてもらう事が大切ですので、必要な情報を簡潔にまとめました。

以下、住宅型有料老人ホームのリーフレットについて、デザイン作成時に気をつけた点をご紹介いたします。

入居したくなるような温かみのあるデザイン

まずは、『問い合わせてみよう』『見学だけでも行ってみよう』という明るく前向きな気持ちになってもらうことが大切です。
樹木の枝や葉を通すことで和らぐ陽光と施設写真を掲載し、温かみのあるデザインに仕上げました。
安心感ややすらぎを感じさせてくれる緑を基調としています。

写真を載せて伝わりやすく

住宅型有料老人ホームと聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?実際、行ったことがないので『よくわからない』という方が多いのではないでしょうか?
どのような施設でどのような生活を送っているのか?といった疑問を解消するため、館内見取り図と施設内の写真を掲載しております。
廊下は広々としていて車椅子でも楽々すれ違えるようになっており、全館バリアフリー設計ですので安心して生活を送っていただけます。
各部屋の説明だけでなく写真を併せて載せる事で、生活がイメージしやすいように配慮しております。
24時間見守りがあり、医療機関と連携を取っていらっしゃるので『サポート体制』が万全でございます。
そして、『万全のサポート体制』にイラストを加えてわかりやすくアピールしています。

詳細はデザインを統一してスッキリと

入居費用・入居までの流れなどは、リーフレットの下部に掲載しております。
文字ばかりでは読むこと自体が億劫になりがちですので、イラストを交えて見やすく配置しております。
タグ風の見出しにしてパッと読み手の目を引きやすくし、見出しのデザインを統一することで、スッキリとまとまりのある仕上がりにしております。