投稿者「デザイナー」のアーカイブ

女性へ向けた探偵社のリーフレット

女性へ向けた探偵社のリーフレット

女性へ向けた探偵社のリーフレット

目次
1. デザイン制作の目的
2. 制作期間
3. デザインのポイント
4. 作成費用

制作の目的

大阪の綜合探偵事務所様よりリーフレット制作のご依頼をいただきました。
ストーカーの被害や盗聴器、子供のいじめ、浮気などでお悩みの女性へ向けた業務案内のリーフレットです。
一人暮らしで不安が多い女性でも気軽に依頼できる探偵社というのがこちらの探偵社様のアピールポイントでして
男性的なイメージのリーフレットが多い探偵社との差別化を重視し、柔らかめの女性的なイメージの印刷物で新規の依頼者を募りたいというのが今回のリーフレット制作の目的です。

制作期間

デザイン制作のスケジュールとしては初回提出までに4営業日、修正2回を2営業日で制作いたしました。
三つ折加工を含んだ印刷納期は8営業日で出荷いたしました。

デザインのポイント

女性的でやさしいイメージを訴求しつつ、エレガントさと高級感を出すためのローズカラーで配色いたしました。
表紙や中面には、女性を中心とした写真を使用して、依頼者にとっての親近感を演出しております。

ストーカーや盗聴といった犯罪被害や浮気、子供のいじめなどの生活での悩みを抱えながらも誰にも相談できないといった女性が増えているようです。そうした方々へ問題解決への手助けとなるのが探偵事務所であります。
なかなか普段の生活でお世話になる機会の少ない業界でございますが、こうしたトラブル時には大きな救いとなります。リーフレットを通して、少しでもお悩みの方を救えるお手伝いができたらとの思いも込めてデザインさせていただきました。

作成費用

デザインの制作費用は印刷費用(コート紙(光沢) 110kg)と三つ折り加工費用、送料をすべて含めて 2,500 部 66000円(消費税別)でした。

働く女性を応援するハウスクリーニングのリーフレット

ハウスクリーニングのリーフレット

ハウスクリーニングのリーフレット


ハウスクリーニングのリーフレット

ハウスクリーニングのリーフレット

目次
1. デザイン制作の目的
2. 制作期間
3. デザインのポイント
4. 作成費用

制作の目的

大阪のハウスクリーニング業者様より、働く女性を対象にした三つ折りリーフレット制作のご依頼を頂きました。
こちらのハウスクリーニング業者様は、お家のお掃除のみでなく買い物や洗濯など家事全般を行っておられる家事代行サービス業者様でもあります。
30代から40代のお勤めになられている女性の方を対象としておられるという事ですので、今回はそういった年齢層のキャリアウーマンへ向けた事業案内のリーフレット制作が目的になります。
家事代行業務の料金もお安く設定されておりますので困った時に気軽に頼める、そんな親近感あるイメージを与えたいとのことでした。

制作期間

デザイン制作
初回提出までに4営業日
修正2回 2営業日
印刷納期(三つ折加工含む)8営業日で出荷

デザインのポイント

主に30代から40代の女性へ向けた集客リーフレットになりますので、同年代の女性の写真をメインに使用して親近感を出しております。また、高級感よりも割安感を与え気軽に依頼できる雰囲気をとの事でしたので、やや太目のゴシック体、大き目のフォントを使用し色目もオレンジを使い明るく親しみやすいイメージにまとめました。
中面では2ページを使用し、写真と大きなキャッチコピーで見開いた時のインパクトを持たせる構成にしております。
フォントが大きく太めですので、男性的なイメージになってしまいがちですが、要所要所に女性らしい優しい色目やピンク、明るめに色調補正した写真を取り入れることで、女性らしさも出しております。

作成費用

デザインデータの制作費用
印刷費用(コート紙(光沢) 110kg)
三つ折り加工費用
送料

すべて含めて 1,500 部 62000円(消費税別)

法律事務所のパンフレットデザインと印刷

法律事務所のパンフレットデザイン

法律事務所のパンフレットデザイン


法律事務所のパンフレットデザイン

法律事務所のパンフレットデザイン

法律事務所のパンフレットデザインと印刷のサンプルです。
今回のデザインテーマはモヤモヤした悩みが法律事務所に相談することで晴れた青空になるというパンフレットデザインです。

法務サービスを提供する対象が、一般の方の場合、法律事務所の業務が普通の生活から離れた業務であるという事から、
親しみやすいパンフレットデザインで制作することにより、身近に感じて気軽に相談しやすくなります。
業務内容の説明などは難しく書いてしまうと、理解するのが難しくなってしまい、敷居が高くなってしまいますので、
できるだけ噛み砕いた表現方法で、実例などを交えながら説明すると伝わりやすく、読みやすいパンフレットデザインになります。
またスタッフの写真を入れることで、より親しみやすいパンフレットデザインになります。イラストでも親しみやすい印象を出すことができるのですが、
より身近に感じてもらうためには、にこやかに写った写真を掲載することをおすすめします。

中面のデザインはイラストを交えてより具体的に理解しやすいパンフレットデザインにする為に、実例を交えて大きなスペースを割いています。
またサービスの説明についても、できるだけ文字を減らし、読みやすい要点を抑えた内容になっています。

印刷については、コストを抑える場合、用紙の厚みが薄くなってしまいがちなのですが、紙の厚みは手に取ったときの感覚から信頼感を感じることがありますので
できるだけ厚い紙に印刷することをおすすめいします。

行政書士事務所のチラシデザインと印刷

行政書士事務所のチラシ

行政書士事務所のチラシ


行政書士事務所のチラシ

行政書士事務所のチラシ

行政書士事務所のチラシデザインと印刷を行いました。
チラシの内容は料金案内です。今回のチラシデザインの目的は、特定の料金体系をわかりやすく説明するというものでした。
行政書士事務所のお仕事は多岐に渡りますので、様々な業種から相談者がいらっしゃるのですが、
全ての相談者に対応できるパンフレットよりも、相談内容にあわせた料金表を作成しておくと、相談者にも理解しやすく便利です。

チラシデザインのコンセプトは料金表ですので、料金がわかりやすく、信頼感を与えるデザインです。
料金表は単調な構成が多いのですが、今回はデザインの右側に縦のスペースを取り、デザインに変化を与えて単調なイメージをなくしています。
業種により、右側の写真を変えることで、料金表の管理がわかりやすくできるようになっています。

英語教室の生徒募集チラシデザインと印刷

英語教室の生徒募集チラシ

英語教室の生徒募集チラシ

英語教室の生徒募集チラシデザインと印刷のサンプルです。
今回のデザインは明るく元気な子供たちが集まる楽しい教室をイメージできるように全体的にポップな色使いのチラシデザインになっています。
英会話の生徒募集チラシはよく配布されている部類のチラシです。
地域で競合の英会話教室がある場合、生徒募集のチラシは教室運営にとって非常に重要な役割を持ちます。
英会話教室の生徒を集める方法として、チラシ配布で集まる生徒の割合は決して少なくありません。

生徒募集のチラシで効果を出す方法は、チラシデザインにかかっています。
チラシデザインの基本となる原稿を考えるに当たって重要なことは、PRポイントを明確にしターゲットを絞ることにあります。
A4サイズのチラシは、情報を掲載できる量が限られています。また多く内容を詰め込むと、読み難いチラシになります。
英会話教室の生徒募集内容を可能な限りわかりやすくまとめることにより、
一目見ただけで理解できるチラシデザインになりますので、チラシデザインがターゲットを選定し、
読んで貰いたい人に読んでもらえるチラシデザインになるのです。
英語教室のチラシ印刷はできるだけ多く印刷できるように印刷コストを考えて、
配布は英語教室に通える範囲で選定し、何回かに分けて配布するようにしましょう。

行政書士事務所のパンフレットデザインと印刷

行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所のパンフレット


行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所の三つ折りパンフレットデザインです。このパンフレットデザインと印刷のサンプルは法律サービスをもっと身近にもっと便利にをテーマに作成しています。行政書士事務所の法務サービスがどのようなものであるかということについて、一般の人にとってはあまり認知されていません。行政書士事務所にご来社いただいた際、業務案内を差し上げることが多いと思いますが、その業務案内をわかりやすく、身近に感じてもらえるパンフレットデザインとなっております。親しみやすい画像やイラストを多く配置して、可能な限り少ない文字量で行政書士事務所の業務をPRしています。一昔前、行政書士事務所のパンフレットデザインはお堅いイメージのパンフレットが主流だったのですが、近頃はやわらかいイメージで、お客様に近い存在であることをPRするデザインが多くなっております。行政書士事務所のパンフレットのデザインは、それぞれの行政書士事務所の顔ですので、自分の行政書士事務所のイメージと異なるようであれば、やわらかいイメージのデザインは必要ないのかもしれません。大きな企業向けの法務サービスを主とする行政書士事務所には、やわらかいデザインよりも、信頼感あふれるデザインの方が良いからです。デザインにはその時々の主流がございますが、時代の流れなわせながらも、自分の行政書士事務所らしさが出るデザイン制作が大切なことかと思います。

行政書士事務所のパンフレット印刷は、厚めの紙(135kg程度)に印刷することをお勧めします。印刷の紙は手に取ったときに、厚みで感覚が異なります。ぺらぺらの紙に印刷した場合、三つ折り加工をするから厚くなると思っていても、少し弱弱しい印象を受けることがあるのですが、厚めの紙に印刷されている場合、しっかりした印象を受けるのです。手に取った感覚で信頼感を与えて、内容でも安心してもらえるパンフレットは行政書士事務所のパンフレットとして最適であると思います。パンフレットデザインへのこだわりと共に、印刷の紙の厚みも少しこだわってみることをおすすめします。

行政書士事務所のパンフレットデザインと印刷

行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所のパンフレット


行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所のパンフレット

行政書士事務所のパンフレットデザインと印刷のサンプルです。
パンフレットのデザインは爽やかで信頼感を感じるデザインをテーマに作成しております。

行政書士事務所のパンフレットデザインは、法務サービスを提供する相手によりデザインが変わりますが、
街の法律相談事務所といった形式で運営している場合、業務の性質上、「任せたい」と感じる信頼感が必要です。
また遠く感じる印象を与えるのでは無く、身近で親身になってもらえると感じる事も必要でしょう。

パンフレットデザインの配色について、今回は爽やかな青空と緑の表紙で、清潔感のある表紙を作成し、
中面は今風のグラデーションを使ったアイコンで、今の時代にあった雰囲気を出しています。
古い印象を与えるよりも、今風の印象を与えることが行政書士事務所のパンフレットデザインでの成功の秘訣かと思います。

パンフレットデザインの構成は表紙に事務所名称とキャッチコピー、電話番号を記載して、表紙だけでも連絡が取れる内容になっております。
裏表紙には住所や電話番号、営業時間と地図といった行政書士事務所の会社案内情報を掲載しました。
表紙と裏表紙だけで基本的には事が足りるので、連絡を取りたいときに使いやすいパンフレットデザインになっています。

中表紙ですが、表紙を開いてすぐに行政書士事務所の売り文句を掲載しています。開いたときにはじめに目にするページですので
料金表などは掲載しないで、PRしたい特徴を記載すると面白みのあるパンフレット構成になります。

パンフレットを開いた中面のデザインは、より身近に感じてもらうための説明を記載しています。
図解や色分けで、一般の人には難しい法律関係のお話も、簡素にわかりやすく説明しています。

印刷の用紙はコート紙やマットコート紙などお好みで大丈夫なのですが、予算が許すならば110kgや135kg程度の用紙で印刷すると良いでしょう。
紙の厚みは手に取った時にしっかりした感じがあると、信頼感が上がります。デザインと共に印刷時の紙の厚みにもこだわると良い印刷物が制作できます。

そろばん教室の生徒募集チラシデザインと印刷

そろばん教室の生徒募集チラシデザインと印刷

そろばん教室の生徒募集チラシデザインと印刷

今回はそろばん教室の生徒募集チラシデザインをご紹介いたします。
当店では、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

写真とデザインで、そろばん教室の明るさや元気のよさ、そろばん教室のレッスン内容をわかりやすく表現しています。

今回のチラシデザインは、チラシでそろばん教室に興味を持っていただき、webに誘導して詳細を理解してもらうという※クロスメディア戦略です。

近頃はWEBサイトを所持しているそろばん教室が増えていますので、webサイトを所持している場合は、このような戦略をとってみるのも面白いです。
webサイトが充実していれば、チラシはシンプルに読みやすく、webサイトで詳しく説明するという流れをおすすめします。

そろばん教室やピアノ教室、学習塾などの生徒募集チラシは、単に募集するだけでは生徒は集まりません。

生徒側の考えとしては、長く通い、生徒の今後を左右する場合もありますので、教育方針や教室の雰囲気が非常に気になります。
その不安を解消すべく、片面デザインのチラシに文字をたくさん書いて、全て説明するチラシデザインを作成してしまうと、読み難いチラシデザインになってしまい、効果が発揮できません。
そういう意味で、安く片面カラーのチラシを作成し、シンプルで読みやすいチラシデザインで興味を持ってもらい、webサイトで詳細を説明するというやり方は、非常に理にかなっている広告方法だと考えられます。

また、そろばん教室やピアノ教室、学習塾などの生徒募集チラシの印刷は印刷枚数が多いほど良いでしょう。
教室に通える範囲で新聞折込やポスティングを計画し、予算が許す限りの枚数を配布することがベストなのですが、予算の都合上、枚数が限られてしまう事もあるかと思います。
しかし印刷方法によってはコストを下げて多く印刷する方法もございます。印刷予算でお悩みの場合は担当者にご相談ください。

※クロスメディア・・・紙メディアなど一つのメディアで不足している面を別のメディアで補う橋渡しする事

ビジネス英会話教室のTOEICテスト対策講座のチラシ

ビジネス英会話教室のTOEICテスト対策講座のチラシ

ビジネス英会話教室のTOEICテスト対策講座のチラシ

英会話教室のチラシデザインと印刷のサンプルです。
今回は、ビジネス英会話教室のTOEICテスト対策講座のチラシとなっております。

英会話教室といっても様々な形態の英会話教室がございます。子供向けの英会話教室であったり、中高生向けの英会話教室などございますが
今回はビジネス英語教室に特化したチラシデザインを作成しました。ビジネスの印象を与える色は様々ですが、今回は紺色を基調としたデザインになっています。
チラシデザインの文字やパーツは新しい印象を与えるように、今っぽいビジネス風デザインでまとめています。
デザインの原稿量ですが、表面を少なく、アイキャッチを重点的に意識したチラシデザインで、一目見ただけで内容を理解してもらえるように作成しました。
興味を持っていただいた方には、裏面に詳しく情報を掲載することで2段階のPRができます。
印刷については表面がカラー印刷で、裏面はモノクロ印刷となっています。裏面をモノクロ印刷にすることで印刷コストを下げることができますので
その分、多くの印刷が可能になり、多く配布することで反響の量も増えます。チラシの効果は配布する量に比例しますので、印刷コストを考えたチラシ作りは
効果のあるチラシ作りの基本といえるでしょう。

法律事務所のパンフレットデザインと印刷

法律事務所のパンフレット

法律事務所のパンフレット


法律事務所のパンフレット

法律事務所のパンフレット

法律事務所のパンフレットデザインと印刷のサンプルです。
今回のパンフレットはA4の紙を三つ折り加工するタイプのパンフレットです。

今回の法律事務所のパンフレットは親しみやすさを重視したデザインになっていますが、表紙にシンプルな写真を配置しておりますので、親しみやすさと共に、信頼感を与える印象を受けるようになっております。

オレンジ色は赤に近い暖色系の色ですので、人の感情を刺激する色です。赤色よりはやわらかい色ですが、このパンフレットデザインからインパクトを受ける理由は、各所にオレンジ色を配置している為です。
控えめながらもしっかりとした色使いをしておりますので、暖色系の優しさで、自然と安心して任せられる事をアピールできていると思います。

法律事務所のパンフレットデザインでは法律事務所によって様々なご要望を受けるのですが、しっかりした信頼感を重視する場合は、写真を利用し、やわらかい印象を与えたい場合はイラストを使用すると良いでしょう。

法律事務所のパンフレット印刷は厚めの用紙に印刷することをお勧めしております。
紙は三つ折り加工すると厚く感じるのですが、チラシでよく利用される90kgの紙では少し寂しいように感じますので、法律事務所のパンフレット印刷の際は、110kg以上の紙でご依頼されることをおすすめします。