ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレット


ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットについて

基本的にチラシデザインにおいて『見やすくわかりやすい』というのが前提になります。
明るく優しい色使い、綺麗な施設内の写真・イラストが掲載された効果的なレイアウトとなっております。
『見やすくわかりやすい』チラシはターゲットにしっかりと情報を伝えることができます。

『ここなら安心して任せられる』と思っていただけるような信頼してもらえるリーフレットを作りたい!といったご要望やご質問がございましたらアリキヌまでお気軽にご相談ください。

以下、ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

明るい未来や希望を感じさせてくれる表紙デザイン

リーフレットの顔、ともいえる表紙。表紙を見て手に取ってみたくなるように思わせるには、表紙のデザインにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

今回は、ケアステーションの居宅介護支援案内リーフレットですので、よつ葉のクローバーをメインに全体的に緑を基調とした安らぎや癒しといったイメージのデザインに仕上げております。
よつ葉のクローバーに差し込む光の煌めきが明るい未来や希望を感じさせてくれます。
光の当たり方によって表情を変える演出をし、上品さを表現しております。

写真を用いて視線を誘導する

アイキャッチという言葉を耳にしたことがありますでしょうか?
アイキャッチとは、広告業界において、見ている者の目を引いたり奪ったりすること、またはそういったモチーフやコピーのことを意味する語。です。

サービス内容に視線を送るためにアイキャッチとして、写真を用いております。
サービス内容に適した写真を掲載することで、読み手の目にとまり注意を惹くことができます。
加えて、写真を正丸でトリミングすることで印象を和らげております。

そして、長い文章ですとゴチャゴチャしたレイアウトになってしまい上手く内容が伝わらず、読み手から読む気を奪ってしまいます。
ですので、サービス内容を簡潔にまとめて、読み手に見やすくわかりやすいレイアウトに仕上げております。
よりサービス内容やリーフレットから伝えたい内容を明確化する為にも人物写真を使ったチラシデザインというのが欠かせません。