ケアステーションの訪問介護リーフレット

ケアステーションの訪問介護リーフレットを作成しました。
アリキヌでは、リーフレット作成から印刷まで対応させていただきました。

ケアステーションの訪問介護リーフレットについて

今回のリーフレットは、表紙に四つ葉のクローバーをメインに扱った上品な仕上がりとなっております。
リーフレットを手に取り最後まで読んでいただく為、必要な内容を簡潔にまとめてすっきりした印象に仕上げております。

リーフレット作成をお考えの方、ご関心を持たれた方は、ぜひ当店にお問い合わせください。

以下、ケアステーションの訪問介護リーフレットについて、デザインのポイントをお伝えいたします。

リーフレットとチラシの違い

リーフレットは一般的なものは、A4三つ折りサイズです。
リーフレットはチラシと違って、表紙・裏表紙・中面とスペースがあるので、見た目のコンパクトさに反して多くの情報を整理して載せることが出来ます。
この点がリーフレットの利点とも言えるでしょう。ミニパンフレットとしてや持ち運びに便利! A4三つ折りサイズのリーフレットであれば、長3封筒にもすっぽり入るのでDMとしても使う事が可能でございます。

今回は、訪問介護のリーフレットですので、長々説明文を載せるのではなく、見る人に必要な情報を端的に掲載して伝わりやすいデザインに仕上げました。
サービス内容は、写真を多用し見る人の注意を惹き、端的に説明文を載せております。

写真の縁をぼかして柔らかい印象を演出

写真のトリミング(切り取り)は写真の良さを引き出す大切な作業と言えます。
例えば、アップにすることで写真の魅力を引き出すことができる他、写真のトリミングの仕方で、何を伝えたい写真なのかが明確になり、ぐっと説得力やイメージが伝わるようになります。

中面上部に掲載した写真は、朗らかな明るい笑顔のご夫婦が寄り添い合い空を見上げている様子の一枚です。
四角くトリミングした写真の縁にぼかしを入れる事で柔らかい印象になり、見る人に穏やかな優しい印象を与えられます。
パンフレットを手に取った方が『問い合わせてみよう』『こちらでお願いしよう』という前向きな気持ちになるようなデザインに仕上げております。

女性の写真を用いてお問合せ先に視線を誘導

風景写真などに比べて人物写真は、人の目を惹きやすいと言われています。
見る人の注意を惹きたい時に非常に有効ですので、爽やかな印象の女性スタッフの写真をアイキャッチとして使用し、お問合せ電話番号まで視線をスムーズに誘導するデザインで構成しております。
女性スタッフの左手が矢印⇒の役割を担い、お問合せ電話番号に自然と目が向きます。
背景に桃色の帯(ライン)を入れる事で一番の強調点を目立たせる効果が生まれ、中面全体を引き締める役割も果たしております。