行政書士事務所のパンフレットデザインと印刷

パンフレットデザイン

パンフレットデザイン

行政書士事務所のパンフレットデザインと印刷のサンプルです。
パンフレットのデザインは爽やかで信頼感を感じるデザインをテーマに作成しております。

行政書士事務所のパンフレットデザインは、法務サービスを提供する相手によりデザインが変わりますが、
街の法律相談事務所といった形式で運営している場合、業務の性質上、「任せたい」と感じる信頼感が必要です。
また遠く感じる印象を与えるのでは無く、身近で親身になってもらえると感じる事も必要でしょう。

パンフレットデザインの配色について、今回は爽やかな青空と緑の表紙で、清潔感のある表紙を作成し、
中面は今風のグラデーションを使ったアイコンで、今の時代にあった雰囲気を出しています。
古い印象を与えるよりも、今風の印象を与えることが行政書士事務所のパンフレットデザインでの成功の秘訣かと思います。

パンフレットデザインの構成は表紙に事務所名称とキャッチコピー、電話番号を記載して、表紙だけでも連絡が取れる内容になっております。
裏表紙には住所や電話番号、営業時間と地図といった行政書士事務所の会社案内情報を掲載しました。
表紙と裏表紙だけで基本的には事が足りるので、連絡を取りたいときに使いやすいパンフレットデザインになっています。

中表紙ですが、表紙を開いてすぐに行政書士事務所の売り文句を掲載しています。開いたときにはじめに目にするページですので
料金表などは掲載しないで、PRしたい特徴を記載すると面白みのあるパンフレット構成になります。

パンフレットを開いた中面のデザインは、より身近に感じてもらうための説明を記載しています。
図解や色分けで、一般の人には難しい法律関係のお話も、簡素にわかりやすく説明しています。

印刷の用紙はコート紙やマットコート紙などお好みで大丈夫なのですが、予算が許すならば110kgや135kg程度の用紙で印刷すると良いでしょう。
紙の厚みは手に取った時にしっかりした感じがあると、信頼感が上がります。デザインと共に印刷時の紙の厚みにもこだわると良い印刷物が制作できます。