法務事務所のパンフレットデザインと印刷

法務事務所のパンフレットデザイン1

法務事務所のパンフレットデザイン2

法務事務所のパンフレットデザインと印刷のサンプルです。
パンフレットのデザインはクラシックな配色で信頼感を出すデザインをテーマに作成しております。

法務事務所のパンフレットデザインは、事務所の特色に合わせて配色を決定する必要があります。
一般の方向けに営業するのではなく、企業向けの法務サービスを行っている場合、今回のようなしっかりしたイメージのデザインが良いでしょう。
企業向けの法務業務は親しみやすさよりも、確固たる信頼感が求められます。さわやかなイメージでも良いかもしれませんが、
配布する企業によっては、堅い印象を与えるデザインのほうが効果がある場合があります。時と場合に合わせてパンフレットを制作しておくのも良いかもしれません。

今回のパンフレットデザインですが、色を信頼感を感じるダーク系の赤で、明るさと信頼感を両立するデザインにしています。
基本的な配色は同じトーンでまとめており、統一していることで、デザインに安定感が生まれます。
フォントはスマートな明朝体を使用しておりますので、シャープな印象から信頼感を与えます。

中面は掲載する文章の量が多かったので、できるだけ読みやすくする事を念頭に構成し、デザインパーツを細かく作りこんで
安っぽい印象を与えないように構成しています。各項目のわかりやすい位置に料金もさりげなく表記していますので、
より理解しやすいパンフレットデザインになっています。

印刷の用紙は写真がきれいに印刷できるコート紙を使用しています。光沢がある紙なので写真をかっこよく見せたい場合はコート紙を利用するのが一般的です。
好みによってはつるつるした紙よりも、少ししっとりしている方がよいという場合もありますので、写真が少なければマットコート紙で印刷するのも良いかもしれません。
印刷後、三つ折加工を行いますが、折り方を少しずらしてみたりすることで面白い印刷物になります。