検索ワードに引っかかる為にするべき事【初心者編】

アクセス数を増やす為の一つの方法としてには、「検索エンジンの検索結果に表示される」という事があります。

検索エンジンの検索結果に自分のウェブサイトを検索しても表示され無い場合、SEO対策をウェブサイトに施して、検索で引っかかるようにする必要があります。

今回、初心者がウェブサイトの管理をする場合に、検索ワードで表示されるためにするべき事を紹介します。

検索結果に表示されるための大前提

検索結果に表示されるための大前提ですが、検索エンジンは検索されたキーワードに対して、有益でオリジナルな情報(コンテンツ)を含んだページを表示することになります。

例えば、SEO対策 という単語を、検索エンジンで検索した際に、wikipediaや解説サイトなど、SEO対策 という言葉に対して、豊富な情報を掲載したサイトが表示されます。

まず、自身のウェブサイトが、ヒットして欲しいキーワードに対して、有益でオリジナルなコンテンツ(他のサイトをコピーしたようなウェブサイトはNG)のページがあることを確認してください。もしなければ、すぐに作成する必要があります。

googleに自身のウェブサイトの存在を知らせる

googleで検索しても自身のサイトが表示され無い場合、googleがあなたのサイトの存在を知らない可能性があります。

googleウェブマスターツールを利用することで、自身のサイトの存在をgoogleに知らせることができます。

googleウェブマスターツールはこちら

他のブログやウェブサイトに紹介してもらう

その昔、相互リンクという行為が流行りましたが、現在、このような行為は検索エンジンがNGとする行為となっております。

無意味なWEBサイトのリンクは、余計なトラフィックを生むだけで、意味をなさないというのがその理由です。

しかし、外部からのリンクがダメかというとそういう事ではありません。

例えば、自身が飲食店のWEBサイトを運営していた場合、お客様にブログやSNSで自身のお店を紹介してもらい、その紹介ページから自身のWEBサイトへのリンクしてもらうという方法は、非常に有効な外部リンクの対策になるのです。

無意味なリンクは駄目ですが、有益なリンクは非常に効果があるのです。

画像ばかりのサイトは表示されにくい

検索エンジンはWEBサイトのデータを丸ごと保存しては解析し、どのような情報を含んだサイトかを分析して、検索結果に最適なサイトを選び表示します。

そしてその主な解析・分析の対象はテキストデータです。

画像データは現在、どのような画像なのか判断することができません(そのうち出来るようになると思いますが)。

ですから、画像で文字を書いていたり、写真ばかりでテキストデータが無いウェブサイトは、情報が無いサイトの扱いになり、検索エンジンの上位表示が難しくなります。

まとめ

もし、自身のWEBサイトが検索結果に表示され無い場合、初心者の方でも対策出来ることをピックアップさせていただきました。
上記対策をしても表示され無い場合、WEBサイトの修正が必要になります。HTMLの要素を理解した上での対策が必要になりますので、初心者の方は専門家に依頼する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA