タグ別アーカイブ: 大阪府

塗装費用削減をPRした外壁塗装屋さんのチラシ

外壁塗装屋さんのチラシを作成しました。
アリキヌでは、デザイン作成から印刷まで対応させていただきました。

外壁塗装屋さんのチラシデザインについて

外壁塗装やリフォームというのは、お客様にとって安いお買い物ではございません。
そのため、適正価格で安心して任せることができるということが業者選びで大切なポイントとなります。

今回は、お客様の関心が高い外壁塗装費用についてポイントを絞った集客チラシを作成しました。
塗装費用の内訳は、グラフを用いることで、一般の方にもわかりやすく説明しております。

以下、外壁塗装屋さんの集客チラシについて、デザインのポイントをご紹介いたしますのでご参考ください。

タイトルを斜めにして動きをつけることで読み手の注意を引く

折込チラシやポスティングチラシなど、ユーザーが能動的に収集しないチラシというのは、基本的に大半がすぐゴミ箱いきになってしまいます。
そうならないためには、何かしら読み手の注意・注目を引き付ける工夫が必要となります。

そこで、『外壁塗装費用削減のすすめ』のチラシタイトルは、読み手の注意を引くために、少し斜めにして動きをつけました。
動きを感じるデザインというのは、人の注意・注目を集めやすい傾向があるからです。

また、今回のように、タイトルにイラストや画像が重なる場合は、タイトルの背景を塗りつぶすと視認性と可読性がアップします。
そして、塗りつぶしの透明度を下げることで背景の画像を薄く見せることができますので、デザイン性も高まります。

透過の効果を使用するかしないかは、全体のバランスを見て決めると良いでしょう。

塗装費用の内訳データをわかりやすく訴求する為円グラフを使用

塗装費用の内訳データは、目で見てわかりやすいように円グラフを用いてアピールしました。
グラフを使用することで、塗装費用の内訳が一目でわかります。

チラシは「読むもの」ではなく「見るもの」です。
そのため、なるべく見ただけで何が言いたいのかが分かるデザインであることがポイントとなります。

相対的な割合をわかりやすくグラフ化する場合は、円グラフが効果的ですし、グラフの見栄えも見やすさやわかりやすさに大きく影響します。

グラフの境界が曖昧・装飾がありすぎてデータが読み取りにくいといったことがないように注意が必要です。
配色や文字のレイアウトなど、紙面のテイストに合わせてバランスよくデザインすると良いでしょう。

裏面の塗装に関する詳細は手描き風フォントに変えて印象を強める

裏面には、『一級塗装技能士ってなに?』『外壁塗装って必要?』といったカテゴリを設けて、一級塗装技能士や外壁塗装についての重要性・必要性を訴求しております。

その際、見出しや本文は、書体を手書き風のフォンに変えて印象を強めました。

文字を目立たせるためには、大きさ・太さ・色を変えたり、装飾を加えるなどの方法がございますが、フォントを意図的に変えるといった手法も非常ン効果的です。

人は変化を感じる部分につい目がいってしまいます。
たとえば、丸がずっと並んでいるところに一つだけ三角が入っていたら、その三角に目がいってしまうのです。

これと同じように、ゴシック体や明朝体といった見なれば文字の中に、手書きフォントを入れることで変化し、こちらが訴求したい箇所に読み手の視線を誘導することができます。

病院の健康セミナーチラシ

病院のチラシ

病院のチラシ

病院の健康セミナーチラシを作成しました。
アリキヌでは、チラシ作成から印刷まで対応させていただきました。

病院の健康セミナーチラシデザインについて

今回は年配の方に気軽に参加していただくためのリハビリテーション講座です。
『行ってみよう』と行動に移してもらえるように、暖色系の温かみのある優しい配色で親しみやすさを演出しております。

以下、病院の健康セミナーチラシについて、デザイン作成時に気をつけた点をご紹介いたします。

タイトルや開催日時は目立たせ分かりやすく配置

年配の方向けのセミナーですので、見やすさ読みやすさが大切です。
まず、タイトルを目立たせるために、ジャンプ率を上げ、『健康寿命』の背景に淡くピンク・黄色・オレンジ・緑を入れ、誘目性・視認性を高めました。

そして、セミナーに参加してもらうには、セミナーのスケジュールが重要です。
その為、開催日時とセミナー内容をチラシ中央に配置し、開催日を目立たせる為にタイトルの次にジャンプ率を高くしています。
読みやすい文章にするには、字間(文字と文字の間の幅)と行間(文章の行と行との間)のバランスが大切で、字間や行間が広すぎたり狭すぎたりすると非常に読みづらい文章になってしまいます。
そのため、字間や行間を調整することで印象がグッと変わり、読み手にも伝わりやすくなります。

色のイメージ効果と色の連想

色によって人の心の動きや感じ方が変わります。

そのため、『やすらぎ』 『落ち着き』というイメージを与える緑、『暖かさ』『親しみ』『思いやり』を感じさせるオレンジ、『幸せ』『優しさ』といったイメージを与えるピンク。これらの色でまとめ、温かく親しみやすい印象に仕上げました。

院名にある、はぁとふるを形にしハートをあしらい、こちらも色をピンク・オレンジに統一し、ぼかしを入れて淡くすることで、より優しく温かみを感じられる仕上がりになっております。
さらに、年配者向けのセミナーですので、可愛らしいイラストになりすぎないようにイラストもあわせて上品さを出しております。